COLUMN

食べる宝石! 「琥珀糖」をハーブでアレンジしました2018.06.25

 カテゴリ:

キラキラとした見た目が宝石のように美しく、SNSでも話題になった「琥珀糖(コハクトウ)」。
外側はシャリっと、中はぷるっと柔らかい、なんとも言えない不思議な食感が魅力のお菓子です。
通常、赤や青といった色は食用色素を使うようですが、今回はハーブの天然の色で色付けしてみました。
ミント系のハーブを使うと黄色系の色味が出て、味わいもスッキリに! 夏にぴったりの美味しさに仕上がります。
好きなハーブで作ってみませんか。
 
■材料
粉寒天/4g
グラニュー糖(※砂糖でもOK)/300g
水/200g
お好みのハーブ/適量
(※今回はハイビスカス、マローブルー、ペパーミントをティースプーン1杯ずつ使用)
 
■琥珀糖の作り方

★作り方
①3種類のハーブティーを作ります。
・ハイビスカス、ペパーミントは↓↓
ティーポットに茶葉を入れ、熱湯を30cc注ぎます。5分以上蒸らして濃いめのハーブティを作り、茶こしで濾しておきます。
・マローブルーは↓↓
ティーポットに茶葉を入れ、水を30cc注ぎます。5分以上そのままにして水出ししたら、茶こして漉しておきます。
②鍋に水とグラニュー糖、粉寒天を入れ、中火にかけます。
③グツグツと煮立ってきたら弱火にし、焦げないよう、5~6分ほど煮詰めます。
④パットなどの容器に①のハーブティーをティースプーン1杯程度入れます。
※3種類それぞれ行います。
⑤その上に、③を流し込みます。
⑥冷蔵庫で1~2時間ほど冷やし固めます。
⑦型から外し、包丁で好きな大きさにカットします。
⑧風通しの良い場所で数日~1週間ほど乾燥されば完成。
出来立てで食べても美味しいですよ。

■出来立て

カットしたばかりの琥珀糖はこんな感じ。
キラキラと輝いてキレイです。赤はハイビスカス、水色はマローブルー、黄色はペパーミントです。
ちなみに今回は包丁でカットしましたが、手でちぎると断面がより鉱物らしくなります。

■乾燥させて完成

4日ほど乾燥させると表面が結晶化し、外側はシャリシャリ、中は寒天特有のぷるぷるっとした食感に。
常温で2週間ほど日持ちするそうです。

■炭酸水に入れて、シュワシュワっと

炭酸水に浮かべても、キュート♫
砂糖の甘さと、スッキリとしたハーブの香りが上手く溶け合い、上品な味の琥珀糖ソーダになります。

■瓶に詰めて保存しても素敵

透明の瓶から見える姿が、これまたキュート♫
お友達におすそ分けしても喜ばれそうです。

★今回ご紹介した商品

Copyright ©南阿蘇Tea House KUMAMOTO KEIWA Co.,LTD. All Rights Reserved.